ニュージーランド南島 格安っ! フライフィッシング釣行術

はじめに
釣行日程と予算
気候と装備
レンタカーと運転
現地での情報収集
食事と宿泊
地域の特徴
良い川の選び方
川へのアクセス
推奨タックル
推奨フライ
川での釣り方
これには注意!
エトセトラ
お役立ちリンク
作者紹介

川での釣り方

- サイト・フィッシングを極める -

 サイト・フィッシングで魚を手にするための最重要事項は、"魚に気付かれないようにできるだけ接近すること"です。
 私の場合、姿勢を低く保ち川岸の障害物も上手く利用して、できるだけ魚に近づきます(多くの場合6〜8m)。近づくほど魚の観察が容易となり、その結果、フライ選択の精度も上がるからです。そして、十分な観察の末に戦略が決まったら、ロッドを川面に出し水の抵抗を利用して必要な長さのラインを下流側に出してやります。そうしてから、状況が許す限りサイドキャストで、フォワードキャスト→バックキャスト→シュートです。
 魚を驚かさないために重要なことは、魚との距離ではなく魚の視界にフライラインが入る回数を可能な限り少なくし、フライラインをそっと着水させることです。そのためには、水面との高低差が少なく、かつ光の屈折の関係で魚の死角となる水面近くでフォルスキャストするのが理に適っています。
 ドラッグを回避するためには、フライの着水点は魚から1m程度上流が理想的であり、ドンピシャリで鼻先に落とすと当然ながら猛ダッシュで逃げられますから注意してください。
 第1投目が非常に重要ですから、無用なトラブルを避けるためにも"できるだけ魚に近づく"のが成功の秘訣です。距離より精度です。

サイト・フィッシングを極める

その他

ニュージーランド南島 格安っ! フライフィッシング釣行術
サイトマップ